Monthly Archives: 1月 2017

稼げるお店の特徴は?

せっかく働くなら、稼げないお店よりも稼げるお店を選んだほうがよいです。じつは、体験入店時に稼げるお店かどうかはだいたい見当がつきます。デリヘルの体験入店の場合、確認すべきポイントは、待機室に残っている女の子の人数です。

稼げるお店は待機室に残っている女の子がほとんどいません。それだけたくさんのお客様からの問い合わせがあり、女の子が接客のために出払っているからです。また、待機室に人がいなくて電話が鳴るペースが速いお店は、多くのお客様が来るだろうと予想できます。もしかしたら、女の子の人数が足りず、お客様を待たせてしまっているかもしれません。

ストレートにキャストの女の子に尋ねたり、お店のスタッフに聞いたりするのもよいでしょう。1日あたりのお客様の人数がわかると、フリーのお客様に付かせてもらえる可能性は高くなります。指名がなかなかつかない場合も、新規のお客様の人数が増えたらチャンスがあるはずです。なかなか本指名を返せなくてもフリーのお客様で稼ぐ道もあるかもしれません。

稼ぐためにはまずは集客力のあるお店を選ぶことがおすすめです。体験入店時にお店の状況を確認し、稼げるお店かどうかを確認するようにしましょう。

チェックすることは?

仕事内容やお給料のほか、体験入店時にチェックしたいことは多いです。一度でもデリヘルでの勤務経験がある場合、前のお店と比較することをおすすめします。

一番見ておきたいのは仕事内容です。基本プレイですが、デリヘルでは手コキやフェラチオのほか、スマタをすることもあります。今までピンサロやオナクラで働いていた人は、経験したことがないサービスを提供することになるかもしれません。デリヘルでのプレイが自分でもできるか、体験入店時に確認しておきましょう。

また、お給料や指名・オプションに対するバックも大切なチェックポイントです。通常、デリヘルのバック率は50~60%、お店との交渉次第で70%くらいと考えられます。また、指名・オプションバックはハーフバックか全額バックです。仮に、これらよりも低い金額のお店の場合は利用しないほうがよいでしょう。

雑費や罰金制度についても確認しておくと無難です。雑費はお店によってまったく異なるため、いくつかのお店を体験入店して、相場を調べるのもよいかもしれません。罰金は遅刻や当日欠勤、無断欠勤に対するペナルティです。女の子自身の評価も落ちるため、なるべくしないように気を付けましょう。

チェックポイントがわかると、体験入店をする意義が増します。ぜひ、これらのポイントはお店に確認するようにしてください。

面接と別の日でよい?

面接時、体験入店を希望する人もいると思いますが、面接後にすぐ働かなければならないかと不安に感じる人も少なくありません。面接と体験入店は別の日にしても大丈夫です。

基本的に、お店側としては面接の勢いで体験入店を希望しています。面接が終わったあと、気が変わったために働かないという女性は少なくないからです。そのため、面接時に体験入店を別の日で希望と伝えると、試しに1回働いてみないかと誘われる可能性は低くありません。

女の子からすると、試しに1回誘われたら働かなければならないと思うことでしょう。ただし、この誘い文句はお店の常套句です。体験入店ですが、デリヘルでお客様を接客するのは勇気がいると思います。特に、風俗未経験の場合はこうした気持ちになるのが正直でしょう。気持ちの整理がつかない人もいるはずなので、お店の誘いを断ってしまって構いません。

面接の日に体験入店をしなくても採用に影響することはまずないです。女の子側からしても、一度断ったときにすぐ諦めてくれるお店のほうが、あとあと働きやすくなります。働きやすさを見極める意味でも、面接と体験入店を別の日にしたい人は、お店からの誘いを断ることをおすすめします。

体験入店あり風俗求人

体験入店(体入)ありを打ち出すデリヘルの風俗求人が増えています。お試し感覚で気軽に働けるので、風俗未経験の女の子からは人気が高いです。しかし、体験入店をしたのに失敗したという女の子は少なくありません。もっと確実にミスマッチを防ぐ方法はないのでしょうか。

面接をしたらそのまま体験入店をしないといけないのか、疑問に感じる人もいます。お店側に誘われると、採用に影響するのではないかと思い、心の準備ができないのに体験入店をしてしまったというケースも少なくないようです。実際は、お店の誘いを断っても採用に影響することはほとんどありません。納得してくれるお店のほうが信頼できるため、積極的に別の日にしたい人にはよいでしょう。

デリヘルでは働く前にチェックしておきたいポイントもたくさんあります。仕事内容が自分に合っているか、お給料の条件は悪くないか、指名やオプションに対するバック率はどうかなどが挙げられます。雑費や罰金についても確認しておくとよいかもしれません。

稼げるお店かどうかも体験入店で判断できます。待機室に残っている女の子の人数やお店への電話の頻度から大体の見当はつくでしょう。キャストの女の子や男性スタッフに聞くのもよいかもしれません。集客力のあるお店を選べば、指名本数が少なくても稼ぐチャンスはあるはずです。

当サイトは、体験入店に興味がある女の子のために開設しました。デリヘルで働く前、ぜひ一度ご覧ください。